■■ VACATION RENTALS ■■


ここ数年、パックツアーでは満足できないリピーターの人たちは、個人手配で自分流のハワイを楽しむ人が
増えてきましたね。
アコモデーションもホテルやコンドミニアムだけでなく、オアフ郊外やネイバーの一戸建ての貸し別荘が注目されています。価格はピンからキリまで。
プール付きの豪邸でも、大人数で借りれば、ひとり当たりそう高くはありません。
我が家も昨夏のラニカイで初めて利用したので、参考にして頂ければ幸いです。
メイドサービスもルームサ−ビスもないけれど、完全なプライベートな時間がそこにはあります。
今までとは違ったハワイでの休日を楽しんでみませんか?



+ What's Vacation Rentals?

日本人には聞きなれない言葉ですが、要するに貸し別荘のことです。
アメリカでは別荘を持つことが珍しくありません。 
オーナーが利用しない時に貸し出そうと考えたのが、バケーションレンタル(以下バケレンと略す)。
オーナーが運営しているバケレンもありますが、管理会社に委託しているケースが多いようです。
管理会社は地元に密着しているところが多いので、もし気に入ったバケレンの空きがなくても
予算などの希望を伝えれば、似たような物件を探してもらえます。
休暇にバケレンを利用するということは、アメリカではごく普通のことです。
また、バケレンは必ずしも一戸建てとは限らず、コンドミニアムの場合もあります。
ここでは、一軒家についてご紹介します。


+ Let's Reservation !

1) 気に入ったバケレンを見つけたら、まずは、空き状況を尋ねましょう。
  ホテルやコンドミニアムと違って、お気に入りの物件は一つしかありません。
  特に外人は月単位の休暇があるので、早めに予約することをお薦めします。
  夏休みやクリスマス休暇の頃は要注意ですよ。
  我が家も、昨年3ヶ月前の予約では、ほとんど空きがない状況でした。
  価格は高くても、オーシャンフロントから予約が入っていくようです。
  週単位、月単位でしか利用できないところも多いですが、空きがあれば2、3泊でも借りられる
  場合もあるので尋ねてみましょう。
  問い合わせは英語です。 日本語が通じるところはほとんどないようです。
  でも心配しないで下さい。 電話でのやり取りは難しいですが、メールやFAXでなら簡単な英語で大丈夫ですよ。 
  わからないことがあれば、どんどん質問しましょう。

2) お気に入りのバケレンが空いていたら、早めに予約を入れましょう。
  ぐずぐずしていたら、先を越されたということもあります。
  すぐに予約確認書が送ってきますが、この時点ではあくまでも仮予約です。
  予約は、予約金(デポジット)を支払った時点で成立しますが、クレジットカードが使用可能であれば、
  仮予約の申し込みで予約が成立します。

3) デポジットの支払いは、最近は小さな管理会社でもクレジットカードが使用できるところが多くなりました。
  カードが使えない場合は、マネーオーダー(国際送金小切手)を利用することになります。
  手数料は銀行によって差があるようなので、必ず確認して下さい。
  私が利用したのは地方銀行だったせいか、5000円もかかりました。
  また、デポジットだけでなく全泊分支払ったので、かなりの金額になりました。

4) デポジットの入金が確認されると、鍵の受け取り方、地図等が書かれた書類などを受け取ります。 
  以上で予約までが完了です。


+ How to stay?

現地に到着したら、まずは鍵を受け取ります。
管理会社に取りに行くケースが多いですが、ラニカイの家を借りた時は管理人と家で待ち合わせていました。
暗証番号で開けるキーボックスに、鍵が入っている場合もあります。
備品(ランドリーやオーブンの使い方など)についての説明を受けます。
ゴミの出し方なども聞いておきましょう。
我が家もハワイで初めて自分たちでゴミを出しました。(笑)
バケレンを利用するに当たって忘れてはいけないのは、あくまでも人の家を借りているということ。
備品等は大切に扱う、きれいにする等、基本的なマナーは守りましょう。 
落ち着いたら、家の中の備品をチェックして、スーパーに買出しに行きましょう。
トイレットペーパーや、石鹸、洗剤、スポンジ等家によっては備え付けの場合もあるようですが、なければ大変です。 
他には当面の食材。
我が家が利用した家には、パントリーに調味料や缶詰等の食材もあり、「自由に使って下さい。」
と言われましたが、遠慮もあって使いませんでした。
食事は基本的には自炊ですが、「ハワイに来てまで食事の支度はごめんだわ。」という人は、近くのレストランを
利用すればいいですね。
でも、せっかく素適なキッチンがあるんですもの、簡単なものでも作ってみては如何ですか? 
大抵の家にはキッチン用品や食器が揃っているので、食材さえ用意すればすぐに調理できます。 
朝食なら、パンにコーヒー、ベーコンエッグに美味しいフルーツがあれば十分でしょう? 
コーヒーメーカーもあるから、お気に入りのコーヒーとペーパーも忘れずに買って来ましょう。
私は子供達とパンやケーキも焼いて楽しみました。
素適な別荘で作れば、なんだってご馳走になりますよ。
あとは景色のきれいなラナイがあれば、言うことなしですよね。
私はお花も買って来ます。 テーブルの上にアンスリウムなどのトロピカルな花があるって素敵♪
夕食にはBBQでも如何? 大抵の家にはBBQの設備が用意されています。
それもお手軽なガスバーナーのものが多いようです。
お肉、シーフード、野菜、好みの食材さえ買って来れば、簡単に楽しめますよ。
我が家はBBQ用のソースやタレは日本から持参して行きます。
あとは、みんなでワイワイ、お喋りしながら楽しみましょう。 


+Links

ハワイには数え切れないほどの管理会社がありますが、実際に私がアクセスして問い合わせたものを紹介します。 
まずはインターネットでお気に入りのバケレンを探してみましょう。 
あれこれ迷うほど素適なコンドミニアムや家がありますよ。



*VRBO


オーナーから直接レンタルできるので、交渉次第で値引きも可能。
ラストミニッツの格安物件もあります。
ここ数年はまずはここをチェックしています。

*Prosser Realty

カウアイ・リフエにある会社。 
何度かお世話になっています。

*Regency Pacific Realty

カウアイ・プリンスヴィルにある会社。
パリ・ケ・クアの物件多し。 一度お世話になりました。

*Kauai Vacation Rentals
カウアイ・リフエにある会社。

*Bali Hai Realty
カウアイ・ハナレイにあるので、ノースの物件中心。

*The Parrish Collection Kauai
旧Grantham Resort。 カウアイ・ポイプ地区の物件多し。



皆さんのお薦めがあれば、教えて下さいね。



                              Home