■■  MODEL PLAN ■■


初めてカウアイを訪れる方から、お薦めのコースを教えて下さいというご質問をよく頂きます。

カウアイに関するガイドブックもあまりなく、他島に比べて情報量が少ないですものね。

う〜ん、私ならどこへ行くかな?

あくまでも私の独断と偏見ですが、カウアイをうまく攻める方法を

考えてみましたので、ご参考になさって下さい。

よく聞かれて困るのが、「一番のお気に入り、お薦めはどこですか?」

う〜ん、これは私にとって一番難しい質問です。(笑)

でも、もしあなたがカウアイを訪れるのが初めてなら、迷わず「ワイメア渓谷」をお薦めします。

ハワイ諸島で一番古い島カウアイ、

その悠久の時を刻んだ渓谷は、他の島にはない魅力ですので、外して欲しくありません。

シダの洞窟へのボートツアーもしかり。

'92年のハリケーンイニキで洞窟のシダもすっかり寂しくはなったけど、

マイナスイオンがたっぷり溢れるジャングル、

古来王族の結婚式が行われた洞窟は、何か特別な空気を感じずにはいられません。

それに遊覧船が通っている川は、ハワイ州でここだけですもの。

なので、日帰りツアーの場合は、OPツアーでもお馴染みの

ワイメア渓谷とシダの洞窟が定番となる訳です。

北の果てケエから、西の果てポリハレまでは道路がありません。

小さな島なのに一周できない為、効率良く周ることができないのです。

北と南にそれぞれ1日づつ必要になります。

ノースショアも見所はたくさんありますが、日帰りの観光となると諦めざるを得ません。

もし、1泊、2泊と滞在が許されるなら。。。

日数が許されるほど、カウアイを満喫できます♪

ここでは2泊のプランを提案しました。


*第1日目
到着日はリフェ空港から近いシダの洞窟、オパエカアの滝など

ワイルア周辺を見て、カパアかリフェでお買い物をしてチェックイン、

ホテルのプールでゆっくり過ごす。

歴史に興味のある方は、リフェのカウアイ博物館もお薦めです。


*第2日目
早起きしてワイメア渓谷を目指します。

ツアーでは行くことのない、その先のカララウ渓谷の眺めも最高!

ほんの少しですが、ナ・パリ・コーストの海も見えます。

コケエ・ロッジか山から降りて遅めのランチを取って、アラートンガーデンの

日本語ツアーに参加。

まだまだメジャーではありませんが、植物に興味がない人でも、

ラワイ・ストリームの景色には癒されますよ。

お隣のマクブライドガーデンのセルフツアーでのんびり回って見るのもいいですね。

いずれも是非、訪れて欲しい場所です。

その後、潮吹き岩〜ポイプビーチ〜コロアタウン〜ツリートンネル

とカウアイ南部をたっぷりと満喫して下さい。

ガーデンには興味がないわと言う方は、ポイプビーチで

シュノーケルを楽しまれてもいいでしょう。

冬期はポイプビーチからのサンセットもお薦めです。


*第3日目
ノースショアへ。 

キラウェア灯台〜グアバ農園〜ハナレイ〜ハエナ〜終点のケエ・ビーチ。

よりしっとりとした空気が溢れているノースショアでは、

虹にもよく出遭えるし、サンセットも綺麗です。

ハナレイタウンはどこか懐かしい感じのする街です。

時間があればどこかのビーチでのんびりと過ごしましょう。

お昼寝したり、泳いだり。。。

シュノーケルならケエ、トンネルズ・ビーチがお薦め。

夏期はノースでのサンセットがお薦めです。


もし、もう1泊できるならナ・パリ・コーストも是非見て欲しい。絶景です! 

私はシュノーケルもできるボート・ツアーが好きですが、

空から眺めるヘリ・ツアーなら、大パノラマを短時間で楽しむことができます。

あとは、ゴルフ、カヤック、トレッキングとお好きなものを組み合わせるといいですね。

もし4泊以上できるのなら、プリンスヴィルとカパアかポイプの

2ヶ所で滞在するのもいいでしょう。

それぞれの良さを味わえます。

いずれにしてもタイトなスケジュールにしないで、の〜んびりゆったり過ごして欲しいですね。

それがカウアイスタイルですから。。。

そして、カウアイでは夜空を見上げるのを忘れないで下さい。

満天の星が輝いて、天の川だって見えますよ☆ミ





Back           Home