メリーモナークを観に行こう!

 Prologue 



レッスンが始まる前に「来年のメリーモナークにみんなを連れて行くよ!」と、クムが仰ったのは12月の初めだっただろうか?

「行きたい人は?」」と聞かれた時、私は手を挙げなかった。

フラを習う人ならほとんどの人が一度は生で見てみたいと思うだろう、メリーモナークフェスティバル

勿論、私もそのひとりだけど、「いつか行けたら。。。」と言う程度だった。

日本からの観戦ツアーは30万円を超える高額なツアーだと聞いていたし、今さら団体旅行なんてできるのか心配。

なんてたって、カウアイじゃないもん。

これ、私にとってはやっぱり重要よ。(笑)

でも、クムがリーズナブルな料金で連れて行くよと仰ったのと、

勝手知ったるクムが一緒だと心強いし、きっと楽しいよ〜♪とフラシスターから誘われて、心が動いた。

私が申し込んだのは、締め切りぎりぎりだった。

手配のほとんどは、クムがして下さった。

多忙な人なのに、本当に頭が下がる思いだった。

関空からホノルルまでの便はH.I.Sで。

ヒロへのアロハ航空は現地のエージェントで。

ホテルはヒロでの4泊は「ナニロア・ボルケーノ・リゾート」。

メリーモナークの事務所もあるホテル、この時期予約するのは至難の業と聞いているが、コネクションがあったのはさすがクム。

私は2002年の夏以来、二度目の滞在となる。

メリーモナークの後はお買い物もしたいでしょうと言うクムの配慮で、ワイキキにも1泊することになった。

ワイキキの東、動物園から程近いカラカウア・アベニューに面している「リゾート・クエスト・ワイキキ・ビーチ」。

ワイキキでの延泊OKと言うことで、ほとんどの人が2泊することになったけど、私はもう限界。

ヒロ4泊+ワイキキ1泊のツアーとなったのだった。

観戦チケットの申し込みは、郵送の場合だと12月26日付けの消印で送らないといけない。

マネーオーダーで送金した用紙と返信用切手を各自が用意して、それをクムが一括して送って下さった。

人気の高いチケットは抽選で外れると返金されるそうだけど、外れては困る。(笑)

本当に行けるのだろうかと不安だったけど、1月末に送って来たチケットを手にして、やっとメリーモナークに行ける実感が湧いたのだった。

出発の1週間前にエアが決まった。

やった〜!NWです。

今回はツアーだからどこのエアになっても仕方ないと諦めていただけに、マイラーの私は嬉しい限り。

さてさてはじめてのメリーモナーク観戦、そして久しぶりの団体旅行、どうなることやら。。。



Next