たまにはルアウでも?


もう20年くらい前に(爆)行ったきりのルアウ、いつか子ども達にも体験させてやりたいと思っていた。

行くならホテルのルアウよりもガーデンで行われるスミス・トロピカル・パラダイスのルアウが気になっていた。

Naiaさん経由だと少しお安くして頂けるそうなのでお願いすることにした。

ただ、出発前には予定を立てられなかったので、カウアイ入りしてからご連絡することにした。

会場へは車で3分ほどと近い、後半の宿ラエ・ナニに移動してからと思っていたものの予定が立て込み、結局帰国の2日前に慌しく行くことになった。

当日の朝、Naiaさんから電話があり、親しくされているスミス社長に私のことを話して下さると、なんと「ご招待」して下さるとのこと。

しかもNaiaさんご夫婦も案内役を務めて下さるそうで、まるでVIP扱いです。(笑)

会場はワイルア川を遡ってシダの洞窟へ行くボート乗り場の奥にある。

5時前に入り口の前でNaiaさんと待ち合わせした。

初対面なのでドキドキしたけど、とても気さくな方で初めて会った気がせず、すぐに打ち解けました。

入り口で歓迎のシェル・レイを掛けてもらい、まずは熱帯植物園をトラムに乗って庭園巡り。

勿論、歩いて回ることもできる。

スリーピングジャイアントが目の前に横たわっている景色は、まさしくカウアイ!



          



馴染みのプルメリア、ハイビスカスの他にジンジャーやウルなどの熱帯植物もたくさん咲いている。

なんと5万種の植物が植えられているとか。

庭園には孔雀がたくさんいて、こうして綺麗な羽を披露して私たちを楽しませてくれる。(photo by Naiaさん)







そして、トラムがイムセレモニーの会場に到着した。

イムセレモニーとは、土を掘って穴を作り、そこで石を焼いて暖め、その熱を利用して豚を丸ごと蒸し焼きにする、ハワイアンにとっては神聖な儀式。

セレモニーが始まる前に社長さんとお会いして、ご挨拶と今日のお礼を言った。

話してみると私の友達ととても親しくされていることが分かってびっくり。

やっぱりカウアイって小さな島だわ。

セレモニーが始まる合図のホラ貝が吹かれると、いよいよスタート!

皆、周りを取り囲んで掘り起こされるのを待ちます。 ワクワクする瞬間。









               



          



時間の都合上、予め蒸されてはいるのですが、掘り起こされて姿を現した豚に、観光客から拍手が沸いた。

ちょっとグロテスクだけど、美味しそうでしょ?








そして、すぐ傍にあるレストランに移動。

席は早い者勝ち。

食事中には前のステージでショーもあり、飛び入り出演でフラを踊るなんてこともあるらしい。

私達は端っこの席だったけど、静かでかえって良かったかも?

お料理はバフェなので、自分の好きなものを好きなだけ頂けます。

ルアウのカルアピッグにラウラウ、ロミサーモンの他にも種類がありお味もなかなか。

ビールにマイタイ、ジュースも飲み放題。(*^_^*)

メインランドからいらしたというお隣のファミリーやカップルとお喋りも弾む。

それにしても私のデジキッスはどこへ行っても注目の的だった。(爆)

               







美味しい食事に大満足の私達。

この後はショーが楽しめるステージの場所へと移動するのですが、やはりここも座席は早い者勝ちとのこと。

勝手知ったるNaiaさんのご主人Capt. Splashさんは、食事を早めに切り上げて場所取りに行って下さって、感激!

ショーはファイヤーダンスあり、フラにポリネシアンダンス、ちょっと中国風な(爆)日舞ありとインターナショナルなエンターテイメントだ。




               



          



Back